過去問対策

【東京都市大学付属小学校】過去問題徹底研究【2020年最新】

東京都市大学付属小学校 過去問

こんにちは、すだちです。

今回は、東京都市大学付属小学校の過去問題10年分の出題傾向です。

過去10年間の出題傾向を分析すれば、どの分野を重点対策すればよいのかがわかります。

2010年度~2019年度の出題での分析です。それぞれの分野と対応する、こぐま会「ひとりでとっくん」、理英会「ばっちりくんドリル」を記載しています。

東京都市大学付属小学校 過去問題分析

出題数が10の出題分野は10年連続、つまり毎年出題されているということです。

理英会については応用のみを掲載しています。理解が足りない場合は、基礎編もお考え下さい。

順位出題分野出題数こぐま会 ひとりでとっくん理英会 ばっちりくんドリル
1話の内容理解10
2製作9ひとりでとっくんではなく、過去問題集で対策必須です。ばっちりくんドリルではなく、過去問題集で対策必須です。
3図形描写・点図形8
4季節6
4一般常識6
6数の合成5
7しりとり4
7魔法の箱4
7理科的常識4
10同図形発見3
10図形構成3
10一音一文字・同頭音同尾音3
10四方からの観察3
10個別単位3
10置き換え3

東京都市大学付属小学校の過去問題の特徴

お話しの内容理解は毎年出題

ペーパーテストの一番初めの問題として出題されます。それなりの長文で出題されるため、対策は必須です。

初めの問題で躓くと、後まで引っ張るので、ここで点数を取れると波に乗って試験を受けることができます。

理科的常識、季節はどちらか出題される傾向がある

東京都市大学付属中学高等学校は男子校で、どちらかというと理系寄りの学校です。その背景があるのか、理科的常識や季節の問題はどちらかが出題される傾向にあります。

理科的常識はお父様との体験学習の大切な時間でもあるので、家庭で学習するようにしましょう。

そのほか、図形、数など基本的な項目はしっかり押さえておきましょう。

製作は共同作業、行動観察テストの意味合いもあります。

製作は2日目の共同作業として出題されます。

行動観察テストの意味合いもあるので幼児教室で対策する必要があります。

created by Rinker
¥6,930
(2020/07/11 13:28:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

東京都市大学付属小学校は以下の記事もお読みください。

東京都市大学付属小学校
東京都市大学付属小学校の倍率、学費、進学先、おススメの幼児教室は?【2020年最新】当記事では、すだちが独自にまとめた東京都市大学付属小学校に関する情報です。小学校生活から受験情報まで合格に役立つ情報をご紹介します。 ...
すだちのお受験ノウハウすべてお伝えします。

すだちが息子、娘を私立幼稚園、私立小学校受験に合格させたノウハウのすべてをnoteにまとめました。是非、ご覧ください。

 

こちらの記事もおすすめ