過去問対策

【慶應義塾横浜初等部】過去問題徹底研究【2020年最新】

慶應義塾横浜初等部 過去問

こんにちは、すだちです。

今回は、慶應義塾横浜初等部の過去問題7年分の出題傾向です。

過去7年間の出題傾向を分析すれば、どの分野を重点対策すればよいのかがわかります。

2013年度~2019年度の出題での分析です。(※慶応義塾横浜初等部は2013年度からの新設校です)

それぞれの分野と対応する、こぐま会「ひとりでとっくん」、理英会「ばっちりくんドリル」を記載しています。

慶應義塾横浜初等部 過去問題分析

出題数が10の出題分野は10年連続、つまり毎年出題されているということです。

理英会については応用のみを掲載しています。理解が足りない場合は、基礎編もお考え下さい。

順位出題分野出題数こぐま会 ひとりでとっくん理英会 ばっちりくんドリル
1製作7ひとりでとっくんではなく、過去問題集で対策必須です。ばっちりくんドリルではなく、過去問題集で対策必須です。
2お話しの内容理解6
3一般常識4
3図形構成・分割4
3同図形発見4
6欠所補完・点図形3
6四方からの観察3
6数の合成・計数3
6理科的常識3
10つみ木の数2
10童話・昔話2
10移動2
10図形系列2
10時の系列2
10私は誰でしょう2

慶応義塾横浜初等部 過去問題の特徴

慶応義塾横浜初等部の考査は以下の構成です。

  • 一次考査:ペーパーテスト
  • 二次考査:体操テスト、製作・行動観察テスト

ここでは、一次考査のペーパーテストについての傾向です。

何よりも家庭での時間を大切に過ごしてきたかを見るペーパーテストの問題となっています。慶応義塾横浜初等部として独特の観点だと思います。

お話しの内容理解はほぼ毎年出題

近年は昔話や絵本の物語などではありません。日常生活のお話しであることが特徴です。その話の登場人物について聞かれので、答える必要があります。

日常から家族と過ごす時間で如何に物事を経験しているかが大切です。

図形は広い範囲から出題

図形の分野から広い範囲で出題されます。近年は図形では、「欠所補完」「点図形」運筆を確認するテストとして出題が増えています。

また、四方からの観察、つみ木の数については、実際のつみ木を見て考えるという慶応義塾横浜初等部ならではの問題が出題されたこともあります。

常識、時の系列も出題されることも

初等部生としての常識があるかを確認されるテストです。理科的常識に加え、社会的常識、一般常識も必ずおさえましょう。

そして、時の系列も初等部の特徴です。例えば料理の絵が描かれたカードがあり、その順番を答えるものなどです。

ここでも、家庭の時間を大切にしているか否かも見られる問題となっています。

巧緻性テストは二次考査

毎年出題されている製作については、二次考査になります。二次考査は一次考査のペーパーテストを突破しないと受験できません。

製作テストは行動観察テストも兼ねた共同作業となっており、慶応義塾横浜初等部の考査の中で、最も難しいと思います。(体操は幼稚舎より難易度は低めなので)

それについては、以下のnote記事をご覧ください。

 

また、慶応義塾横浜初等部は以下の記事もご参考いただけます。

慶應 横浜
【2021年度】慶應義塾横浜初等部の倍率、学費、受験におススメの幼児教室は?当記事では、すだちが独自にまとめた慶應義塾横浜初等部に関する情報です。小学校生活から受験情報まで合格に役立つ情報をご紹介します。 慶応...

 

すだちのお受験ノウハウすべてお伝えします。

すだちが息子、娘を私立幼稚園、私立小学校受験に合格させたノウハウのすべてをnoteにまとめました。是非、ご覧ください。

 

こちらの記事もおすすめ
テキストのコピーはできません。