私立幼稚園:東京

【國學院大學附属幼稚園】学費、アクセス、試験内容、進学先、幼児教室など受験情報まとめ

國學院大学附属幼稚園
PVアクセスランキング にほんブログ村

当記事では、すだちが独自にまとめた國學院大學附属幼稚園に関する情報です。幼稚園生活から受験情報まで合格に役立つ情報をご紹介します。

國學院大學附属幼稚園の幼稚園情報

アクセス

東京都杉並区久我山にある学校法人國學院大學が設置・運営する私立幼稚園。

沿革

1952年学校法人久我山学園・財団法人久我山病院附属幼稚園として認可
1953年学校法人國學院大學との合併が認可され、名称を國學院久我山附属幼稚園と改称
1954年國學院大學附属幼稚園として公認
2012年開園60周年

國學院大學附属幼稚園の教育方針

教育理念

  • 日本の伝統・日本の心を大切に

教育目標

  • 日本の四季折々の自然に育まれた畏敬の念や感謝の心を知り、伝統文化を大切に感じる心を育てます。
  • 将来、国際社会の中で日本人としてその良さを発揮できるように、自立心や意欲、豊かな感性や創造力を育てます。

保育方針

  • 経験活動を多く取り入れた教育の中で、それぞれの個性を生かし、体力づくりと豊かな心を育み、幼児期に大切な心身の調和をはかります。
  • 年少・年中・年長と三部にわけ、発達段階別に目標をたてて、同年代の友達とのかかわりの中で、主体性や社会的態度が身につくようにします。

國學院大學付属幼稚園の教育の特色

よい環境

  • 本園は杉並と世田谷、そして三鷹が接する緑多い武蔵野の台地にあり、同じ法人教育機関の国学院久我山中学高等学校(以下、国学院久我山)のキャンパスの南東の一角に位置しています。

附属園としての施設活用

  • 国学院久我山のグラウンド、体育館、小講堂、学習センター内カフェテリアなどの施設活用を実施しています。また国学院久我山の教員が、年間を通し体育、絵画指導を行います。

社会性を育む

  • 発達段階に応じた基本的な躾を身につけさせ、集団の中で、規律を守る習慣を養い、円満な人格の形成をめざします。

コミュニケーション

  • 少人数制を導入し、一人ひとりの個性を大切にしながら、シーンに応じたきめ細やかな保育援助を行い、人への愛情や信頼を育てます。

教育の基本

  • 幼稚園での教育を小学校、中学校、高等学校へと続く学校教育の第1段階ととらえ、小学校進学に備え、集中力、持続力、行動力がつくよう指導しています。

優先入学制度

  • 本園の卒園児が、国学院久我山へ進学を希望する場合は「優先入学制度」が適用されます。

國學院大學附属幼稚園の卒園生が国学院久我山中学校へ優先入学できるため、相当人気が出ます。四谷大塚80偏差値で57です。

國學院大學附属幼稚園の学費

2019年度実績です。

入園料100,000円
保育料 [年額]336,000円
教材費 [年額]12,000円
施設費 [年額]36,000円
冷暖房費 [年額]5,000円
父母の会会費 [年額]8,400円
制服代約40,000円
用品代約14,000円

入園時初年度納入金合計 549,400円

國學院大學附属幼稚園の進学情報

併設の小学校がないため、男女ともに外部受験または公立小学校へ進学になります。

国立小学校は東京学芸大学附属小金井小学校、私立小学校は慶應義塾幼稚舎、早稲田実業学校初等部、成蹊小学校、立教女学院小学校、桐朋学園小学校、桐朋小学校、東京都市大学付属小学校などです。

國學院大學附属幼稚園に合格できる幼児教室は?(2020年最新)

國學院大學附属幼稚園

國學院大學付属幼稚園の募集人員は3年保育男女計約45名です。

2019年11月の考査では、ICE幼児教室で1名の合格者が出ています。

そのお子様にあった幼児教室選びの参考になれば幸いです。

國學院大學附属幼稚園の試験内容

國學院大學付属幼稚園の考査は例年11月1日に実施されます。

考査内容は行動観察テスト、保護者面接になります。

過去問題集や幼児教室でしっかりと対策をしておきましょう。

受験する年の半年前には予想問題集や過去問題集を購入し、目を通しておくことが合格の秘訣です。

created by Rinker
¥343
(2021/07/29 14:23:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥309
(2021/07/29 14:23:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,860
(2021/07/29 14:23:45時点 Amazon調べ-詳細)

すだちのお受験ノウハウすべてお伝えします。
こちらの記事もおすすめ
テキストのコピーはできません。