私立小学校:千葉

【聖徳大学附属小学校】受験情報まとめ(倍率、入試、学費、願書、面接、試験内容、幼児教室)

聖徳大学附属小学校

当記事では、すだちが独自にまとめた聖徳大学附属小学校に関する情報です。小学校生活から受験情報まで合格に役立つ情報をご紹介します。

聖徳大学附属小学校の学校情報

アクセス

聖徳大学の付属学校で、千葉県松戸市秋山にある私立小学校。

※ 東京都武蔵野市の聖徳学園小学校とは全く関係性はありません。

沿革

1986年聖徳学園短期大学附属小学校として開校。
1990年聖徳大学の開学にともない、聖徳大学附属小学校と改称。
2003年ISO9001、ISO14001取得。2007年にはISO9001、14001取得の唯一の小学校。

聖徳大学附属小学校の教育理念・教育目標

建学の理念

「和」の精神

教育方針

思いやりの心、質の高い学力、健やかな心身を養い、「知・徳・体」のバランスのとれた子どもを育てる

聖徳大学附属小学校の教育の特色

礼法

建学の理念である「和」を学ぶため、全学年で週1回、小笠原流礼法師範による「礼法」の授業があります。自分を律する強い心と、他者を思いやり、いたわる心を学びます。

豊富な授業

国語・算数・理科・社会の主要4教科は、一般的な公立小学校の1.2倍の授業時間を確保しています。5年生以上は週1回、算数と国語でコース別の授業を取り入れています。

理科・英語・音楽・図工・家庭科・礼法・書写・珠算は、専任講師による授業を実施しています。

食育

土曜日を含めた週6日、昼に会食(給食)を提供しています。毎日全校一緒に、縦割の「明和班」で会食することで、学年を超えた交流と学びの場になっています。

週1回の栄養士からの講話や季節に合った献立、箸の持参による環境保護に対する意識づけなども行っています。

聖徳大学附属小学校の学費

2019年度実績です。

入学金230,000円
施設設備費120,000円
授業料 [年額]330,000円
設備維持費 [年額]186,000円
教育行事・教材費 [年額]32,000円

入学時初年度納入金合計 898,000円

その他、会食費、空調費、校外学習費、保健費、後援会費などがあります。

聖徳大学附属小学校の進学実績

聖徳大学附属小学校は中学受験の進学実績が素晴らしいことで有名です。難関中学校に多数合格者を輩出しています。

2019年の実績は以下です。

【東京都】

・開成中学校:4名合格
・早稲田中学校:1名合格
・海城中学校:4名合格
・慶應義塾中等部:2名合格
・白百合学園中学校:3名合格

【千葉県】

・東邦大附属東邦中学校:8名合格
・渋谷教育学園幕張中学校:5名合格

【埼玉県】

・浦和の星女子中学校:2名合格
・栄東中学校:3名合格

(参照元:聖徳大学附属小学校HP https://www.seitoku.jp/shogaku/study/juniorhighscoool.html

難関中学校 私立小学校
【小学校受験】首都圏 難関中学校進学実績がすごい私立小学校ランキングこんにちは、すだちです。 今日は、首都圏の難関中学校への進学実績がすごい私立小学校ランキングのご紹介です。 これまで小学校受...

聖徳大学附属小学校の倍率

募集人員は内部進学含み105名。入試は専願入試と一般入試(Ⅰ期~Ⅲ期)の4つがあります。いずれも倍率は1.0~1.3倍と比較的入りやすい倍率です。

確実に入学するには専願にしましょう。Ⅲ期は2019年が1.0倍であったものの、人数調整の面が強いため、年により大きく変動します。

 

聖徳大学附属小学校に合格できる幼児教室は?(2020年最新)

※ 各幼児教室のHPより集計。直近の人数など詳細は各幼児教室のHPをご参照ください。
※ 合格者1名または合格者数を開示されていない幼児教室は含めておりません。

幼児教室別合格実績です。

トップはチャイルドアイズ。チャイルドアイズは浦安校、新浦安校があり、千葉の私立小学校受験には強いです。

2位は桐杏学園。市川校があります。千葉、埼玉に強い幼児教室です。

幼児教室の合格実績を足すと25名。一方、募集人員は何部進学を除くと約75名。聖徳大学附属小学校は幼児教室ではなくても、自宅学習でも十分合格できるということだと思います。

ただ、行動観察や製作など集団で行うものは季節講習や直前講習など、幼児教室に通われた方が良いと思います。どうしても家庭学習ではケアできないためです。

多くの幼児教室は季節講習や直前講習など講習やテストのみの参加者は合格者としてカウントしていないため、幼児教室の合格者実績に現れないということだと想定しています。

聖徳大学附属小学校の進学実績を考えれば、中学受験に多大な費用と労力をかけるより、小学校受験で自宅学習をメインとしてコストを抑えながら聖徳大学附属小学校に入学し、中学受験をした方が、費用対効果はかなり高いと思います。

聖徳大学附属小学校の受験対策

聖徳大学附属小学校の試験は、ペーパーテスト、行動観察テスト、運動、面接(親子別)です。

ペーパーテスト

・物事の順序
・姿勢
・影の出来方
・分配
・数量
・図形分割
・規則性
・お話の記憶
・図形の転写

行動観察テスト

・集団遊び
・共同作業

運動

8名程度のグループで運動します。

・全力走
・とび箱をよじ昇り跳び下りる
・マットを転がる
・平均台横歩き

面接

・面接は、親と子が別々です。面接時間は試験当日に約10~15分です。

  • 志願者本人
    氏名、住所、電話番号、仲良しのお友だちの名前、好きな食べ物、嫌いな食べ物、好きな本、嫌いな食べ物が食事に出たら、お友だちとケンカをしてしまった時の行動
  • 保護者
    志望理由、ご家庭の教育方針、お子様の長所・短所、学校に期待すること、今までした大きな病気、躾、職業、子どもの健康状態

年長の春までには過去問題集を購入、一度目を通して、試験までに対策をしておくことが合格の秘訣です。

ぜひブログランキングへ投票お願いします。

すだちのお受験ノウハウすべてお伝えします。

すだちが息子、娘を私立幼稚園、私立小学校受験に合格させたノウハウのすべてをnoteにまとめました。是非、ご覧ください。

 

こちらの記事もおすすめ
テキストのコピーはできません。