筑波大学附属小学校

【2023年度】筑波大学附属小学校入試日程と一次抽選と二次考査、三次考査(抽選)について

筑波大学附属小学校の試験日程
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は、2022年度(2021年秋実施)筑波大学附属小学校の一次抽選結果の分析、および二次考査、三次抽選についてです。

2021年度(2020年秋実施)の入試では、コロナ禍の影響もあり、例年とは変則開催となりましたが、2022年度(2021年秋実施)の入試では通常の日程に戻りました。

2022年度筑波大学附属小学校の考査日程

2022年度の筑波大学附属小学校の考査日程は以下となりました。

児童募集要項 Web 購入 2021年10月12日~24日
第一次選考 Web 出願 2021年10月21日~24日
第一次選考(抽選) 2021年11月13日
第二次選考郵送出願 2021年11月18日~22日(当日消印有効)
第二次選考受験票印刷 2021年12月6日~18日
第二次選考(検査) 2021年12月16日~18日
第二次選考発表 2021年12月19日
第三次選考(抽選) 2021年12月20日
入学候補者発表 2021年12月21日

これまでの日程に戻り、今後は上記の通り例年通りの日程開催となると想定されます。

2022年度筑波大学附属小学校の一次抽選結果

例年は掲示板に掲示されておりましたが、今年は筑波大学附属小学校のホームページでも開示されています。

結果は以下です。

性別 志願者数 対前年比 一次抽選通過率
男子 2182名 +5名 37%
女子 1836名 ▲146名 46%

男子が前年度ほぼ同数の志願者数、女子が10%弱減少することになりました。

男子

A男子 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
応募者数 782 792 717 750 742 796
通過率 46% 45% 51% 48% 49% 47% 30%
通過者数 360 356 366 360 364 375
B男子 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
応募者数 710 697 705 732 714 689
通過率 46% 45% 51% 48% 49% 47% 30%
通過者数 327 314 360 351 350 375
C男子 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
応募者数 605 629 612 561 576 605
通過率 46% 45% 51% 48% 49% 47% 30%
通過者数 278 283 312 269 282 284

2015年度~2020年度まではA,B,Cグループいずれも1次抽選の通過率は45%~49%となっていました。

2021年度はコロナ禍の影響により二次考査の人数を絞るために一次抽選の人数が減少しました。

2015年度~2020年度(2021年度は除く)の一次抽選の通過率の平均は48%となっています。

女子

A女子 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
応募者数 678 678 631 636 647 646
通過率 57% 53% 59% 58% 56% 59% 34%
通過者数 359 359 372 369 362 382
B女子 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
応募者数 636 636 606 601 602 627
通過率 57% 53% 59% 58% 56% 59% 34%
通過者数 337 337 358 349 337 370
C女子 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
応募者数 553 553 546 490 513 540
通過率 57% 53% 59% 58% 56% 59% 34%
通過者数 293 293 322 284 287 319

2015年度~2020年度まではA,B,Cグループいずれも1次抽選の通過率は53%~59%となっていました。

男子同様、2021年度はコロナ禍の影響により二次考査の人数を絞るために一次抽選の人数が減少しました。

男子に比較して女子は志願者数が少なくなっているため、相対的に一次抽選の通過率が上がる傾向があります。

2015年度~2020年度(2021年度は除く)の一次抽選の通過率の平均は56となっています。

筑波大学附属小学校 2022年度 二次考査倍率

2022年度は前年のコロナ禍の影響前の通過率であり、第二次考査の合格者は男女各々約100名になっています。

その結果、

  • 男子:一次抽選通過者807名 のうち 100名が三次抽選へ
  • 女子:一次抽選通過者845名 のうち 100名が三次抽選へ

倍率にすると、二次考査倍率は以下となります。

2022年度 筑波大学附属小学校 二次考査倍率

  • 男子:8.07倍
  • 女子:8.45倍

一次抽選で約三分の一~半分に絞られ、二次考査で約8分の1に絞り込まれる、ということがわかります。

筑波大学附属小学校 二次考査に向けて

お子様の考査

ペーパーテスト、製作、運動、集団テストです。過去問題集での対策はしっかりやっておきましょう。

created by Rinker
こぐま会
¥3,410
(2024/05/18 09:55:38時点 Amazon調べ-詳細)

父母作文

例年、二次考査の間、講堂でお子様の考査を待つのですが、その間に父母作文があります。

そのためには筑波大学附属小学校の教育理念を熟知しておく必要があります。以下は必読書になりますので、いちど手に取っていただくことをおススメします。

created by Rinker
図書文化
¥2,640
(2024/05/18 12:13:45時点 Amazon調べ-詳細)

また、父母作文の過去の質問、回答内容については以下のすだちのnoteに詳しく掲載しておりますので、以下ぜひご参考ください。

 

筑波大学附属小学校 三次考査(抽選)

三次考査といっても抽選です。熾烈な倍率を潜り抜けてきたお子様、ご家族に最後に抽選があります。

およそ100名の二次合格者のうち、64名が合格になります。倍率にして、1.56倍です。

3人に2人が最終合格ということになります。

日本最大の志願倍率を誇る、筑波大学附属小学校。

その地位は不動です。チャレンジ校として受験することをおススメします。かならず併願校を考えておきましょう。

すだちのお受験ノウハウすべてお伝えします。
こちらの記事もおすすめ
テキストのコピーはできません。