私立小学校:東京

【和光鶴川小学校】倍率、学費、試験内容、進学先、幼児教室など受験情報まとめ

和光鶴川小学校
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ふるなび

当記事では、すだちが独自にまとめた和光鶴川小学校に関する情報です。小学校生活から受験情報まで合格に役立つ情報をご紹介します。

ふるなび

和光鶴川小学校の学校情報

アクセス

東京都町田市にある学校法人和光学園が設置・運営する私立小学校です。和光小学校は1934年創立、和光鶴川小学校は1992年に創立しています。

沿革

1933年 成城学園から離れた教師、父母によって創立
1934年 和光小学校開設
1946年 和光高等女学校開校
1947年 和光中学校開校
1950年 和光高等学校開校
1956年 和光幼稚園開園
1992年 和光鶴川小学校開校
2010年 校舎の改築
2011年 併設する和光幼稚園との校園長体制開始

和光鶴川小学校の教育理念・教育目標

建学の精神

大正デモクラシーを背景として、自由な環境で個性を尊重する教育を実践する私立学校が誕生する中、和光小学校は1933年11月10日、成城小学校から分かれて創立されました。当時の理想の新学校の理念として、募集ポスターには「定員が少なくて 個別的に手が届く 健康に恵まれた学園」と書かれています。

和光鶴川小学校も和光小学校と同様に、和光学園の建学の精神を受け継いでいます。

教育方針

  • 「なるほど・わかった」を大事にする学校
  • 「本物との出会い」にあふれる学校
  • 「つながり・広がり」が育つ学校
  • 「雑木林のある」学校

和光鶴川小学校の教育の特色

教育課程

教育課程を「教科教育」「生活べんきょう・総合学習」「行事・文化自治活動」の3つの領域で構成しています。各領域が相互に関連し、作用することで、「考える力」を育み、豊かな人格形成を目指しています。

「教科教育」では、私学の特性を活かした教師の創造的な取り組みにより、子どもたちが「勉強は楽しい」と感じる授業で、学ぶ意欲と姿勢を育てています。

「生活べんきょう・総合学習」では、「学年テーマ学習」「領域テーマ学習」「トピック学習」にバランスよく取り組み、生活や社会に根ざした学習をしています。低学年の「生活べんきょう」では、体験を重視し、自然や科学、社会の基礎を学びます。3年生以上の総合学習では、自身の成長や社会的課題に取り組みます。

「行事・文化自治活動」では、運動会や秋祭り、林間合宿といった行事を通じて、仲間との一体感や達成感を経験すします。

国際交流

英会話学習に留まらず、世界の文化を知り、他国の人たちと実際に交流することによって、異文化や国際理解への関心を深めています。韓国やフィリピン、ロシアなどの小学校との交流を実施しています。

ノーチャイム制

授業内容によって、柔軟に時間を調整できるよう、基本的にチャイムを鳴らしません。子どもも、チャイムに促されるのではなく、自分で時計を見て行動できるようになります。

和光鶴川小学校の学費

2020年度実績です。

入学金 200,000円
施設設備金 100,000円
親和会(PTA)入会金 2,000円
授業料 [年額] 454,560円
教育充実費 [年額] 75,600円
積立金、学級費、新和会費等 [年額] 67,800円

入学時初年度納入金合計 899,960円

和光鶴川小学校の進学先

和光中学校への推薦制度があり、多くの児童が内部進学します。

和光鶴川小学校の倍率

和光鶴川小学校の募集人員は第一回:男女計72名(内部進学含む)、第二回:男女若干名です。

倍率は非公開です。

2021年時点の全校生徒は405名、1学年平均は約68名です。ほぼ募集人員と同数であることから、定員割れの状況ではありません。

幼児教室や過去問題集でしっかりと対策しておきましょう。

和光鶴川小学校に合格できる幼児教室は?

和光鶴川小学校

※ 各幼児教室のHPより集計。直近の人数など詳細は各幼児教室のHPをご参照ください。

和光鶴川小学校の募集人員は第一回:男女計72名(内部進学含む)、第二回:男女若干名です。

富士チャイルドアカデミーで合格者が出ています。

そのお子様にあった幼児教室選びの参考になれば幸いです。

和光鶴川小学校の試験内容

和光鶴川小学校の考査は第一回が11月4日前後、第二回が11 月14日前後、第三回が12月4日前後に例年あります。

考査内容は、行動観察テスト、制作テスト、運動テスト、口頭試問、保護者面接です。過去問題集や幼児教室でしっかりと対策をしておきましょう。

夏までには過去問題集を購入、一度目を通して、試験までに対策をしておくことが合格の秘訣です。

ふるなび
ふるなび
すだちのお受験ノウハウすべてお伝えします。
こちらの記事もおすすめ
テキストのコピーはできません。