国立小学校

【北海道教育大学附属札幌小学校】倍率、学費、進学先、試験内容、幼児教室など受験情報まとめ

北海道大学附属札幌小学校
PVアクセスランキング にほんブログ村

当記事では、独自にまとめた北海道教育大学附属札幌小学校に関する情報です。小学校生活から受験情報まで合格に役立つ情報をご紹介します。

北海道教育大学附属札幌小学校の学校情報

アクセス

北海道教育大学附属札幌小学校は、札幌市北区に所在する北海道教育大学札幌校の附属教育研究機関です。北海道教育大学附属函館小学校

沿革

1883年創成小学校を附属として札幌県師範学校が創立
1886年北海道師範学校と附属小学校の創立
1898年北海道師範学校附属小学校と改称
1914年北海道札幌師範学校附属小学校と改称
1943年北海道第一師範学校男子部附属国民学校と改称
1951年「北海道学芸大学附属札幌小学校」と改称
1966年「北海道教育大学教育学部附属札幌小学校」と改称
2004年北海道教育大学の国立大学法人化に伴い、「国立大学法人北海道教育大学附属札幌小学校」と改称

北海道教育大学附属札幌小学校の教育理念・教育目標

附属校としての使命

  1. 義務教育学校として、公立学校と同様に初等普通教育を実施します。
  2. 教育実習学校として、教育学部学生の教育実施研究を実施します。
  3. 実験・実証学校として大学との研究連携を保ち、附属学校として実践的な立場から、実験・実証を試みます。
  4. 教育研究校として、教育の理論と実際に関する各分野の実践的研究を試みます。
  5. サービスセンター校として、実践研究の成果を、全道教育研究大会での授業公開、研究紀要の刊行、研究情報紙の発行などを通して発表します。

目指す学校の姿

  • 共生の文化を創造する学校

目指す子どもの姿

  1. 探究する子(探究)
    本物を求めて学び続ける子
  2. 共感する子(共感)
    自分とは違う他者の見方や考え方を認め、
    他者のよさを感じ、取り入れる子ども
  3. 自分を見つめる子(自己認識)
    自分を振り返り、自分のよさや課題に気づき、
    未来を志向する子ども

北海道教育大学附属札幌小学校の教育の特色

北海道教育大学附属札幌小学校の理知的環境

附属札幌小学校 本校は、190万の人口を擁する札幌市街の北東に位置し、石狩市・当別町に隣接する田園地帯に置かれています。
現校舎は、平成元年4月に、現在地「あいの里」へ移転しました。北海道教育大学札幌校および附属中学校と同一キャンパス内にあり、大学・中学校と連携した運営、研究交流が可能な環境にあります。

児童の通学区域

札幌市全域から通学しています。そのため、バス・地下鉄・JR・市電を利用して通学している児童が全校児童の約85%(平成25年度)に及びます。
地下鉄麻生駅、栄町駅と本校の間には、本校児童通学スクールバスが走っています。また、JRあいの里教育大駅からもスクールバスが出ています。
このように公共交通機関を利用して通学することは遠距離ゆえの辛さもありますが、社会性を培うよい機会となっています。

校長先生の言葉

附属学校は義務教育学校として初等普通教育を実施することの他に、教育実習学校、実験・実証学校、教育研究校など様々な役割を担っています。そのため、大学からの教育実習生の受け入れ、大学との研究連携、実践的研究の試行、教育研究大会、授業研究会の実施などを行っております。それらの成果が附属学校や大学の先生方にとって価値のあるものになるだけでなく、子どもたちに還元され成長につながるものであるよう、教職員一同、協力しながら子どもたちの教育を進めています。
令和2年度から全面実施される新たな学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」が1つのキーワードになっています。附属札幌小学校でも日々の授業や活動の中で、子どもたちが自分自身の力で探究することや、自分とは異なる他者の様々な意見を理解し、自分の意見との違いや、他者の意見の良さに気付くこと、振り返って自分の考えを見つめ直すことなどを通じて、子ども自身が自己の学びを捉えることを大切にしています。学校教育目標の「共生の文化を創造する学校」や、現在の研究主題である「自己を創る学びをデザインする子ども」も、小学校での授業や活動において、他者との関わりを通じて学び合いながら自分を見つけていく、自己を創っていく姿を思い描いたものです。附属札幌小学校が子どもたちにとって素晴らしい学びの場であり、成長の場であるよう願い、子どもたちが未来を切り拓いていく力を身につけていけるよう願い、愛情を持って、子どもたちの教育に力を注いでいきたいと考えております。

北海道教育大学附属札幌小学校HPより)

北海道教育大学附属札幌小学校の学費

北海道教育大学附属札幌小学校の学費は国立小学校ということもあり通常の公立小学校とほぼ同じ金額になります。

北海道大学附属札幌小学校の進学先

原則、北海道大学附属札幌中学校へ内部進学ができます。

北海道大学附属札幌小学校の倍率

北海道大学附属札幌小学校の募集人員は男女計約70名です。

北海道大学附属札幌小学校の倍率は非公開です。

北海道大学附属札幌小学に合格できる幼児教室は?

北海道大学附属札幌小学校

※ 各幼児教室のHPより集計。直近の人数など詳細は各幼児教室のHPをご参照ください。

北海道大学附属札幌小学校の合格実績を開示している幼児教室は、こどもクラブです。

こどもクラブは全国展開されている幼児教室ですが、札幌駅前教室は北海道大学附属札幌小学校に圧倒的な合格実績を誇ります。

42名の合格者数は募集人員男女計約70名に対して、約60%がこどもクラブ在籍生であることを示します。

5人に3人がこどもクラブ在籍生ということです。

北海道大学附属札幌小学校の試験内容

北海道大学附属札幌小学校の考査は例年、12月上旬となっています。

考査内容は、1次考査がお子様の考査(ペーパーテスト、行動観察テスト、口頭試問)、2次考査が保護者面接になります。

真冬になりますので、暖かくして受験に備えましょう。

しっかりと幼児教室や過去問題集で対策をしておきましょう。

夏までには過去問題集を購入、一度目を通して、試験までに対策をしておくことが合格の秘訣です。

すだちのお受験ノウハウすべてお伝えします。
こちらの記事もおすすめ
テキストのコピーはできません。