願書作成

【小学校受験】親の職業は?共働きは?お受験するご家庭の属性を考察。

小学校受験 親の職業 学歴

皆様こんにちは、すだちです。

今日は小学校受験をされる親の職業について考察をしたいと思います。

小学校受験には、幼児教室に通うだけでも年中から2年間通うと数百万円の多額なお金がかかります。さらに複数校を受験するだけの受験料と、入学金、学費を払い続ける経済的な基盤が必要です。

お金がかかる小学校受験をされる親の職業について考察したいと思います。

小学校受験に親の職業は影響するのか?

小学校受験は親の試験と言われる通り、親の職業は学校側にとってもとても気にします。

その理由は以下です。

  • 小学校のみならず付属中学や高校、さらには大学まで学費を支払い続けるだけの安定した収入があるのか。
  • 学校の行事や役員など貢献するだけの時間に融通が利く仕事なのか。
  • 学校運営にとって、有利な職業か。

学校側としては上記観点で親の職業を見ています。

学校側も事業経営をしているため、大切な運営資金となる学費を継続的に支払えるかを気にします。

また、例えば国会議員などの政治関係、警察関係の職業でも学校側が学校運営に利すると判断すればポイントが高いです。

共働きは不利なのか?

共働き家庭が不利かというと一概には言えません。確実に言えることは、専業主婦のご家庭は不利になることはありません。

では、共働きのご家庭についてはどうかというと、不利になるかならないかは学校によると思います。

共働き家庭については、以下の観点で学校は見ています。

  • 入学後、数カ月間お子様が学校に慣れるまで親が付き添い通学できるか。
  • お弁当の学校の場合、毎日お弁当が作れる時間があるのか。
  • 子どもが急病になった際などお迎えに来れるのか。
  • 学校の役員や行事に参加できるのか。
  • 万が一の時に親のサポートを得られるのか。

田園調布雙葉小学校のケース

田園調布雙葉小学校は給食が無くお弁当です。また、アフタースクールもありません。

2016年頃の学校説明会で校長先生がこのように仰っています。

最近は、共稼ぎのご家庭が増えています。

当学園でもその比率は毎年高まっていて、去年の共働き世帯の比率は約54%とのことでした。そして、パートをしている家庭も含めれば、もっと高くなるだろうとのことでした。

このように当学園では、共稼ぎのご家庭でも全く入試結果に影響はありません。ただし、面接は、できるだけご両親そろって受けてほしいと考えております。

しかし、面接当日にご主人様のお仕事の関係でどうしても出席できないときは、書面でご連絡をおねがいいたします。

(平成29年度 田園調布雙葉小学校学校説明会)

上記の通り、田園調布雙葉小学校でさえ、約半分が共働き家庭であることが実態です。

とはいえ、共働き家庭がそこまで不利になることは無いものの、入学後は十分に学園に貢献する姿勢、子育てに時間を割く覚悟が必要です。

小学校受験の親の職業の考察

小学校受験の家庭教師を運営されている、ミセス・サリヴァンのHPに親の職業内訳がありましたので、ここに紹介させて頂きます。

これは、ミセス・サリヴァンを利用されているご家族の職業ですので、私立小学校に通われているご家庭の親の職業割合とは直接結びつきませんが、参考にはなると思います。

(参照元:ミセス・サリヴァンHP https://www.for-of-to.net/quality/index.html

親の職業構成比

医師が23%、会社経営31%、会社勤務(サラリーマン)28%、歯科医師10%、そのほか5%となっています。

医師と歯科医師は同じとみなすと、医療従事者に携わる方は33%にものぼります。

また会社経営31%会社勤務(サラリーマン)28%と、思いのほか、会社勤務(サラリーマン)が少ないと思われると思います。

ここで少しラフなイメージではありますが、私立小学校に通われるお子様をお持ちの親の職業は以下になります。

私立小学校に通う親の職業比率

医師・歯科医:会社経営:サラリーマン=1:1:1

すだちの子どもたちも私立小学校ですが、医師の方や会社経営の方多く、実感とあっています。

またサラリーマンも、外資系や日本企業のトップ企業にお勤めの方も多く、さらに共働きであるために世帯年収としてはかなりの金額の方も多くいらっしゃいます。

母親の仕事の有無

仕事をしている47%、仕事をしていない53%となっています。

上述の田園調布雙葉小学校の学校説明会では54%が共働き家庭とありましたが、おおよそ近い数字だと思います。

共働き家庭では、やはり親のサポートがある・なしが大きく影響しますので、サポートしてもらえるのであればお願いした方がよいです。

願書には必ず職業と学歴を書く

小学校受験で提出する願書にはほとんどの学校で備考があります。

また、学校説明会のアンケートや面接資料に記載するケースもあります。

かならず、親の職業と学歴は書くようにしましょう。

会社勤務を退職し、専業主婦になった場合でも、

●●大学卒業後、株式会社〇〇を経て、育児の為退職。現在、専業主婦。

など記載するようにしてください。

学校側は親の素性をとても気にしますので、アピールするところではきちんとアピールしましょう。

小学校受験の願書の書き方は是非、すだちのnoteをご覧くださいませ。

すだちのnoteはこちら→ https://note.com/ojukenpapa

すだちのお受験ノウハウすべてお伝えします。
テキストのコピーはできません。