小学校受験ランキング

【小学校受験】2020年 首都圏主要小学校の学費ランキング(入学初年度)

私立小学校 学費

こんにちは、すだちです。

今日は2020年度、最新の入学初年度学費ランキングです。

2020年度 首都圏主要小学校の学費(入学初年度)ランキング

順位学校名入学初年度納入金(円)系列大学有無
1慶応義塾横浜初等部1,860,000有り
2慶應義塾幼稚舎1,546,480有り
3学習院初等科1,526,000有り
4桐蔭学園小学部1,509,600無し
5立教小学校1,488,800有り
6青山学院初等部1,473,000有り
7横浜雙葉小学校1,470,784無し
8東京女学館小学校1,461,000無し
9聖徳学園小学校1,435,000無し
10立教女学院小学校1,422,400有り
11東洋英和女学院小学部1,405,000有り
12早稲田実業学校初等部1,396,000有り
13成蹊小学校1,373,720有り
14新渡戸文化小学校1,358,000有り
15玉川学園小学部1,340,000有り

初年度は入学金があるためどうしても高額になります。トップは慶應義塾横浜初等部。

慶応義塾横浜初等部の場合、1年生から6年生までの6年間で単純計算928万円がかかります。これに教材費、制服代、交通費など様々な費用がかかります。

表にまとめた通り、学校法人の系列に大学がある小学校は学費が高くなる傾向があります。その理由は、先生のお給料が大学を基準に決められること、設備が充実していることなどが挙げられます。

一方で、中学受験、高校受験、大学受験が基本的になく、そのままエスカレーターで進学できるメリットはやはり見逃せません。すだちとしては、そのメリットの方が大きいとおもいます。

また、入学初年度の学費という意味では、任意ではあるものの、寄付金がある学校もあるので、その部分を考慮しておかなければいけません。

寄付金を合わせたランキングは以下をご覧ください。

首都圏私立小学校 寄付金
【小学校受験】2020年 首都圏主要小学校の寄付金ランキングこんにちは、すだちです。 今日は2020年度、最新の寄付金ランキングです。 学費はそれほど高くなくても、寄付金を入れると高く...
私立小学校 学費 寄付金
【小学校受験】首都圏 学費と寄付金合計金額を比較したランキングこんにちは、すだちです。 今日は2020年度、入学初年度の学費と寄付金の合計ランキングです。 寄付金は任意ではありますが、最...

 

ここまでお読み頂きありがとうございます。ぜひブログランキングへ投票お願いします。

すだちのお受験ノウハウすべてお伝えします。

すだちが息子、娘を私立幼稚園、私立小学校受験に合格させたノウハウのすべてをnoteにまとめました。是非、ご覧ください。

 

こちらの記事もおすすめ